猫の手、貸してください!
猫の手求人

「今すぐ人手が欲しい……」
「季節限定のお手伝いを
募集したいんだけど……」
そんな声を集めた、
三戸エリアの短期求人・内職求人一覧です。

コワーキングスペースSANNOHEオープンのお知らせ

コワーキングスペースSANNOHEオープンのお知らせ

4月29日(木)より、コワーキングスペースSANNOHEがオープンします。
場所は、三戸町アップルドーム(川守田元木平8-1)2階の町民サロンになります。

コワーキングスペースSANNOHE

コワーキングスペースSANNOHEの概要は以下の通りです。

開館時間 :午前9時~午後8時30分
定休日  :年末年始(12月29日~1月3日)
空間構成 :共用スペース(21席 / 91.22㎡)
個室スペース(2席 / 14.35㎡)
ミーティングルーム(6席 / 3.75㎡)
※全体面積109.32㎡

コワーキングスペースSANNOHE

コワーキングスペースSANNOHE

コワーキングスペースSANNOHE

コワーキングスペースSANNOHE

コワーキングスペースSANNOHE

コワーキングスペースSANNOHE

皆さまのご利用をお待ちしています!

 

 

求人の詳細を見る

割烹白山後編~川蟹すいとんの魅力は作り手にあった~

割烹白山後編~川蟹すいとんの魅力は作り手にあった~

いやあ、、先ほどの記事(割烹白山前編)に出てきた川蟹すいとん
美味しそうでしたね、、
川蟹のうま味と共に、すいとんへのこだわりが記事に溢れ出ていましたね!さてさて、先ほどの記事の途中にもありましたが、
川蟹すいとんは、川蟹の捕獲量が減少したことから
一時はメニューから消えてしまいます。
ですが、2年間の試行錯誤のすえ15年の歳月を経て復活しました。「割烹白山 後編」では、
割烹白山の歴史と
川蟹すいとんの復活のキーパーソンとなった
割烹白山専務 本庄孝浩さんについて、お話していきます!

割烹白山の始まり

割烹白山は元々、魚屋さんだったそうです。
魚屋さんから食堂に変わったきっかけは結婚披露宴でした。
当時は結婚式を公民館で行っており、日頃商売をする人たちで集まって
結婚式をプロデュースしていました。
社長は料理が得意だったため、料理長として結婚披露宴を盛り上げていました。
そこで、社長が振舞っていた料理が、「川蟹すいとん」だったそうです。
家庭でも、川蟹スープは作られていましたが、
先代が作り出す絶妙な川蟹スープが好評で、
郷土料理である、ひっつみと掛け合わせて
川蟹すいとんを看板メニューとして、食堂をはじめました。

これが割烹白山の始まりです。
割烹白山

新しいものをつくるだけがはじまりじゃない

本庄さんは川蟹すいとんの復活だけではなく、
未来に綺麗な川を残すための活動もしています。
具体的には、毎年7月の下旬から8月の上旬に
川祭りというお祭りを行っています。
お祭りでは、熊原川の川の中が巨大なプールに変わり、
川魚つかみ取りやいかだ&チューブでの川下り遊びなど
川だからこそできる遊びを一日限定で行っています。
普段は、川で遊ぶのは禁止されていますが
子供たちに川へ気持ちを向けてもらいたいという想いから
お祭り当日だけ、許可を取り、開催しています。
川祭りの様子を写真で見させていただきましたが、
子供たちの笑顔がまぶしくて、自然と頬がほころびました、、
川祭りの様子を見ている写真
地域活性化と聞くと、地域でイベントを行う、特産品を使って商品開発など
時代に合わせて新しいものを追い求め、新しいことをしなければならない
新しいこと=地域活性化になってしまいがちです。
ですが、新しいことだけが、活性化だけではなく
懐かしい、守りたい、といという愛おしい気持ちになれる
元々あったものをもう一度“復活”させることも
地域の未来につながると学ぶことができました。
記念撮影
多くの人の想いと手間が詰まった川蟹すいとん
三戸に来たら、ぜひ川蟹すいとんに会いに行ってみてください!

求人の詳細を見る

頭を叩かれても気づかないほどうまい! 「割烹白山の川蟹すいとん」

頭を叩かれても気づかないほどうまい! 「割烹白山の川蟹すいとん」

美味しいもの大好きインターン生の鈴木です。食通で有名なタレントさんやアイドルもTVで絶賛!
濃厚すぎる!割烹白山の川蟹すいとんを紹介します。割烹白山川蟹の捕獲量が減少しメニューから消えてしまっていた
割烹白山の川蟹すいとんですが
2年間の試行錯誤のすえ15年の歳月を経て復活!!
1日に20食しか作れない割烹白山さんの蟹汁は仕入れ先から、
仕入れ方法、調理工程まで妥協せずとことんこだわってできています。川蟹は三戸で昔から贅沢品とされていて、
各家庭ごとにオリジナルの川蟹すいとんが作られていたそうです。
その中でも割烹白山の先代が作る川蟹汁が美味いと
町の人から評判が良かったため、売り物にしたとのこと。すいとん自体は各家庭ごとに厚さの違いなどのこだわりがあるらしく、
汁だけを鍋でもらいにくるお客さんもいるそうです!遠くから仕入れている川蟹は泥吐かし、急速冷凍させて三戸へ…。
逆にそれができないところからは仕入れないそうで、
北海道の石狩川と高知の四万十川の川蟹に絞って取引きしているそうです。
特に下流の少し泥があるところにいる川蟹の方が
旨味があるのでどこでもいいわけではないとのこと。
また、使われている川蟹は冬眠前の脂がのった5年もののみを使用。最近では三戸の川が少しずつ綺麗になり、
鮎も増え川蟹も増えてきているそう!
三戸産100%の川蟹汁を目指しているそうです。(本当にこだわりが詰まっている…。)

そしてこの川蟹汁、とてもまろやかで殻を全く感じないため、
機械を使って作っていると当然のように思っていたら、
今でも包丁の上側(峰)を使い手作業で川蟹を
叩いて砕いているとのことでした。
そのため、1日20食しか作れないそうです。
納得ですね…。

しかも、味付けは醤油のみ!
(ちなみにこの醤油は今回取材させていただいた小野寺醸造元さんの商品)

インターン生も大牧編集長も驚きを隠せませんでした。
味噌が入っているような濃厚さ。
この濃厚さを蟹と醤油だけで出せるなんて、
料理人さんの腕には尊敬です。

手作業で叩くのが一番大変だろうと思いつつ、
一番苦労することをうかがうと川蟹はとてもデリケートなため
ピンセットを使って泥をとり綺麗に磨いてから調理するので
その作業が1番大変とのことでした。
川蟹

実際に川蟹も見させていただきました。
小さな体にミソがつまっていました。

ほうほう、この蟹たちが美味しい汁になるのだなと思いつつ
殻を叩いたり写真を撮ったり私達インターン生は
興味津々で川蟹を見つめていました(笑)

川蟹すいとん定食

この日いただいたのは海鮮丼とスイーツ、コーヒーも一緒についた
川蟹すいとん定食1,100円(税込)。
寒い体に染み、川蟹の旨味がギュッと詰まった
本当に濃厚で美味しい蟹の汁でした。

すいとん

中にはたくさんのひっつみ(すいとん)。
コシもあり、もちもちしていて美味しかったです。

最後にこの蟹汁!
みなさんの家庭でも食べることができます!
しかもしかもアレンジもできちゃうそうです!!
川蟹スープと川蟹カレー
まず、川蟹スープ(1,200円+税)。
こちらは、炊き込みご飯やパスタ、リゾットにアレンジ可能。
また、今回取材させていただいた小山田煎餅店の
「てんぽ」を入れても美味しいそうです。

(うわあぁ食べたい…想像するだけでよだれが出ちゃう!!)

次に、川蟹カレー250g(750円+税)。
結構たっぷりルーが入っていて、わざわざ皿に移さなくてもいいように
容器での販売。(優しい配慮…。)

最後に川蟹せんべい10枚(350円+税)。
お手軽な価格で川蟹汁の風味をお口いっぱいに楽しめます!

川蟹せんべい

みなさんもぜひご家庭で頭を叩かれても気づかない
濃厚まろやか川蟹汁を召し上がってみてください!

成蹊大学3年 鈴木晴野

求人の詳細を見る

三戸大神宮~みこにゃん、キャサリン、歴史とユニークさで溢れる神社~

三戸大神宮~みこにゃん、キャサリン、歴史とユニークさで溢れる神社~

日が沈みはじめたごろ、夕日の光を使って、
キラキラと輝いている灯籠に目をひかれ、
三戸郵便局の向かい側にある、三戸大神宮を訪れました。入口に設置してある灯籠に近づいてみると、
それはステンドガラスでできており、
和と洋が、絶妙に掛け合わさった灯籠を見て、
ここの神社は面白い人、モノに出会えそうだ
というワクワクした気持ちになり、
軽い足取りで石段を上っていきました。
三戸大神宮の灯籠
最初は、軽い足取りで石段を上っていましたが、
だんだんと息が上がり、足がぁ、、と思いはじめたころに
三戸大神宮が見えてきました。後から聞いた話ですが、石段は100段あるそうです、、
女子大学生でも体にきたので、石段を上る際は、
少し覚悟が必要ですね。。三戸大神宮の鳥居
存在感があり立派!!!参拝しようと鳥居をくぐり本殿に近づくと、、
なんと両端の提灯にねこのキャラクターが!!かわいい、、、
彼女たちの名前は、
写真向かって左にいるのが“みこにゃん”で、右にいるのが“キャサリン”三戸大神宮の本殿
みこにゃんは、三戸(さんのへ)を別の読み方にして三戸(みこ)と読み、
三戸(みこ)と巫女(みこ)のふたつの意味を併せもつ招き巫女。
キャサリンはイギリスロンドン出身。みこにゃんの相方。
海外出身ですが、“来三鈴”としっかり漢字があるんですよ!

三戸大神宮のグッズ

「神社らしくない」が褒め言葉なんです。

と笑顔で語ってくれたのは、禰宜(ねぎ)の山崎貴行さん。
ステンドグラスやねこのキャラクターなど、
ほかの神社では見られない光景が広がっていましたが、
大阪と言えば、食い倒れ人形。関西と言えば恵比寿さん。じゃあ青森と言えば、、?
というときにぱっと浮かんでくる、青森=○○を生み出したい
という気持ちを持っていたそう。

そこで三戸をみこと呼び、天照大神のお使い招き巫女みこにゃんを
山車アーティスト夏坂和良さんと共に誕生させ、
相方としてイギリスロンドン出身のキャサリン(写真に向かって右)が
誕生したそうです。
彼女達は、三戸大神宮の看板キャラクター、
いやアイドルともいえる存在で
地元の方たちの愛をたくさん貰っていました。

山崎さんは自分自身で三戸大神宮のことについて、
Twitterで発信しており、なんとフォロワーは1000人超え!!

そのほかにも、三戸大神宮ではハロウィンなどのイベントを
行っており、当日は神社にかぼちゃを置いたり、
みこにゃんやキャサリンの仮装をした人や子供たちで賑わうそうです。

キャラクターからイベントまで神社がやっているとは
と思えないことをされていますが、他の神社から批判的な意見は
なかったのか気になりますが。。

やはり、周りからの神社のあるべき姿ではないという話もあったようです。
ですが、格のある神社とそうではない神社の二つがあって良いのではないかと。
基盤に歴史があるからできることでもあり、楽しいことをみんなでやる。
ただそれだけのこと。

記念撮影
これはこうあるべきだという枠にとらわれないで、
日々を楽しくしようとしている
山崎さんの姿は、アグレッシブでファンキーで惚れてしまいそうでした(笑)

求人の詳細を見る

全国から人が集まる三戸郵便局

全国から人が集まる三戸郵便局

あの日あの時…
段ボールにしまわれていた7枚の
『11ぴきのねこ』の原画を見つけることがなかったら…手書きのお手紙大好きなアナログ人間、鈴木です。
これから三戸郵便局を紹介します!
11ぴきのねこのぬいぐるみ三戸町は絵本『11ぴきのねこ』が代表作である
漫画家、馬場のぼるさんの生まれた地。
生前に馬場のぼる先生が郵便局を訪ね
たくさんの作品を寄贈していたようです。しかし、2001年に馬場のぼるさんがお亡くなりになってから、
11ぴきのねこがみんなの記憶から薄れていきました…。平成21年にある人が三戸郵便局に来るまでは…馬場のぼる先生が亡くなってから8年、
平成21年4月に橋本正俊局長(通称:ねこ局長)が人事異動で
三戸郵便局長に赴任してきます。橋本局長が郵便局の倉庫を整理していた時、
段ボールに入っていた、11ぴきのねこの原画を見つけたのです。

郵便局だけでなく遺族のもとにも
段ボールで保管された多くの作品があったそうです。

ここから、11ぴきのねこたちは段ボールの暗闇から抜け出し、
徐々にたくさんの人の目に触れ人気になっていきます。

フレーム切手

フレーム切手第1段「馬場のぼるとねこたち」は増刷4回の大ヒット!
2020年4月には第8弾のフレーム切手が発売されました。

三戸郵便局では、オリジナルフレーム切手だけでなく、
記念の押印サービスや毎月第3日曜日に開局する「ミャンのへ郵便局」など
さまざまな取り組みをしています。

はがき

2月22日には、にゃんにゃんにゃんの日(猫の日)にちなんで
記念した期間限定の小型記念通信日付印を実施していて、
三戸の郵便局に南は鹿児島、北は北海道から
全国のたくさんのねこファンが三戸郵便局を訪れます。

感想ノート
感想ノート

↑郵便局には感想ノートが置かれていて、
たくさんの絵やコメントが!中には5度目の訪問の方も…
愛を感じます!!

このように三戸町を、11ぴきのねこで盛り上げた火付け役!
昨年還暦を迎えられましたが、まだまだ元気な、ねこ局長こと橋本局長。

橋本局長

橋本局長はねこ局長と名乗りTwitterでつぶやいていて、
今では8000人を超えるフォロワーがいます。
このTwitterがきっかけで三戸郵便局を訪れる方もいるそうです。
(61歳でSNSをこなしているとは尊敬!!)

そして、食器からバックまで幅広い商品が揃う、11ぴきのねこグッズ。
2020年はバッグで有名なブランド「アウトドアプロダクツ」とのコラボで
リュックや長財布も販売しました。
それらのグッズ全て橋本局長が企画!

商品化する時にメーカーの方に協力していただくそうですが、
実現させるまでは一苦労。

1人ではできない。みんなの協力でできています。

とのことでした。

グッズ

また、橋本局長は2015年、青森県からおもてなしアワードで
「おもてなし達人賞」を受賞。
2018年には、「青森県観光連盟理事長賞」も受賞しています。

まさに地域おこしの鏡!!!

橋本局長は、11ぴきのねこで三戸町を盛り上げていますが
その背景には、三戸にいなくても三戸を思い出すきっかけにしてほしい!
11ぴきのねこを通じて三戸町に対して誇りを持ってほしい!
という熱い思いがありました。

(う〜感動…泣)

11ぴきのねこのぬいぐるみ
↑局長室にはたくさんの11ぴきのねこのぬいぐるみ!

ねこナンバー
↑外の車庫には「ねこナンバー」をつけたバイク。

最後に、猫好きな私は、11ぴきのねこの缶バッジを
『道の駅さんのへ』で購入し郵便局を訪れていました。
(ねこ局長に対抗しようと思いカメラにつけて取材したのですが、
ねこ局長はピンバッジと缶バッジのダブルで
11ぴきのねこ愛には負けた気がしました…。)

11ぴきのねこの缶バッジ
↑可愛いのでとってもオススメ!

ポストカード
↑ポストカードもいただきました

取材を通して、ますます猫が、いや可愛い11ぴきのねこたちと
熱いハートを持ったねこ局長が好きになりました!

皆さんもぜひ、11ぴきのねことねこ局長に会いに
三戸郵便局を訪れてみてはいかかでしょう!?

成蹊大学3年 鈴木晴野

求人の詳細を見る

三戸町で唯一の○○を売る!?丸末果樹農園

三戸町で唯一の○○を売る!?丸末果樹農園

果樹の木は、春の芽吹き前に選定という大切なお仕事があります。
この選定のお仕事をされているのが、
丸末果樹農園3代目園主の船場敏(ふなばさとし)さん。

船場敏さん

主にりんごを育てていますが、
その他にもトマトやさくらんぼを育てています。

船場敏さん

こちらはトマトの栽培途中。

トマトの栽培

奥さまの船場和子(ふなばかずこ)さんは
栽培もですが経理の面で支えています。
夫婦で二人三脚になり、営んでいるすてきな農園。

主に有機肥料を使い汗水流して育てられている
作物は、9割が直販、1割が市場出荷だとか。
自分で作ったものは自分の手で売りたいという
あつい想いをもつ船場さん。

ぶどっぷるジュース

こちらの『ぶどっぷるジュース』は
丸末果樹園でつくられた
ぶどうとりんごを合わせたジュースや
その原液を使った『ぶどっぷるサイダー』が
佐瀧本店で開発されました。

無添加ストレートジュースのため、
小さなお子さまでも安心して飲んでいただけます。
ぶどうのさわやかな味とりんごのすっきりとした甘さが
よく混ざり、とてもおいしいジュースでした。

お土産屋さんや道の駅などで
りんごジュースがたくさん売られていますが、
その中でも11ぴきのねことコラボしているラベルのジュースは、
この丸末果樹農園のストレートジュースのみ。
ぜひお土産に買ってみてはいかがですか?
丸末果樹農園
取材させていただいた船場さんありがとうございました。

産業能率大学3年 石井友理

求人の詳細を見る

三戸望郷大橋

三戸望郷大橋

こんにちは。
産業能率大学3年生の石井友理です!今回の記事では人やモノではなく、
三戸町内のおすすめスポットをご紹介します。

山の中に突如現れた橋

三戸駅から車を走らせること10分で到着。
そうです、これが三戸町で有名な
観光スポットとなる“三戸望郷大橋”です。

三戸望郷大橋
田子にんにくと田子牛

橋を渡る前に出迎えてくれたのは
田子にんにくと田子牛。
農業振興地域である南部町、三戸町、田子町を
東西に結ぶ「三戸地区広域営農団地農道整備事業」の
一環として建設されました。

馬淵川

右を向けば馬淵川。

青い森鉄道

左を向けば青い森鉄道。
地方のため、電車の本数は少ないはずなのに
貨物列車でしたが見られました!ラッキー!

都会では当たり前のように通っている電車も
地方に来るとあまり見ることがないため、
見られたらラッキーと思える楽しさも気づくことができました!

三戸望郷大橋

こちらは下から見た写真。
天気が良く、とても綺麗に撮れました。
上からみた景色とまた違い、とても新鮮でした。
上から見るか下から見るか・・・。(笑)

最後にインターン生3人のオフショット。
車が来ない隙に20分もパシャパシャと写真大会を。

記念撮影
記念撮影

旅の途中の気休めに三戸望郷大橋に
訪れていてはいかがでしょうか?

Instagramで三戸望郷大橋と調べると
とっても素敵な写真が出てくるので
ぜひチェックしてみてください!
記念撮影

求人の詳細を見る

樹齢400年!?の松とインスタ映え!?図書館

樹齢400年!?の松とインスタ映え!?図書館

あっ!11ぴきのねこ!思わず駆け寄るねこ好きの鈴木です。
関根の松と三戸町立図書館について紹介しますにゃご!!三戸に着いてから初めてちゃんと見た11ぴきのねこの石像は
ここ、「こどもとしょかん(三戸町立図書館)」にあるものでした。
図書館にあるだけあって、ネコもちゃんと本を読んでいます。こどもとしょかん
11ぴきのねこの石像ひとまず、ねこちゃんとはバイバイして
先にメインの関根の松へ…関根の松青森県の天然記念物に指定され、
日本名松百選にもなっている
三戸の関根の松。
推定樹齢は400年以上だそう…。
(私の20倍生きているではないか!!)江戸時代に南部藩御野馬別当を務めた
一戸五右衛門の庭園跡に建っているそうです。
(歴史マニアじゃないから難しい…。)

普通の木は樹齢が約十年から数十年。
くわえて、青森に樹齢100年を超える松はとても希少。

そして、この関根の松、五右衛門の祖先、
一戸兵部綱定という人が藩主から賜った盆栽松だそうです。
つまり、元々ここに生えていたわけではなく移植された松!
一戸家によって代々大切に育てられ今もこうして残っているというわけです。

とにかくこの松がとても長生きで、
すごいこと、大切にされてきたことがよくわかります!

関根の松
↑とても立派な松の姿。

堂々とそびえ立つ松の姿を目に焼きつけ、
11ぴきのねこの石像が待つ図書館へトイレ休憩ということで戻ると…

館内には馬場のぼる先生の作品が展示されている
大きなショーケース。
(馬場のぼる先生は三戸町で生まれ、多くの賞を受賞した
漫画家さんで『11ぴきのねこ』シリーズ絵本は
ロングセラーとしてこどもたちに愛されています。)

ショーケースの向かい側には…
なんと!11ぴきのねこの大きな人形が!
しかもインスタにあげる用のフレームまでも!!
他にも11ぴきのねこや馬場のぼる先生なりきることのできる
ぼうしやヒゲなどのグッズもありました。

まさかの図書館がインスタ映えスポットに…。

みなさんも立ち寄った時はぜひ写真を撮ってインスタに投稿しましょう。

記念撮影

成蹊大学3年 鈴木晴野

求人の詳細を見る

ここはサイダー瓶の博物館⁈ レトロ感あふれるお酒屋さん「佐瀧本店」

ここはサイダー瓶の博物館⁈ レトロ感あふれるお酒屋さん「佐瀧本店」

お酒一杯で顔が真っ赤になるアルコール激弱の鈴木です。
これから三戸町にあるお酒屋さんを紹介します!ここはサイダー瓶の博物館⁈と思ってしまうほど壁にずらりと
変わり種のサイダー瓶が飾られているのは、
お酒の卸売りをしている佐瀧本店。集めたサイダー瓶佐瀧本店は大正時代に建てられ今も現存する
鉄筋コンクリートの建物では青森でもっとも古い建物だそうです。ちなみに写真のサイダー瓶は5代目が趣味で
旅行に行ったときに各地方のものを集めているのだそう。
「これは美味しいよー」とか「これはまずかったねぇ」と
楽しそうに話してくださいました。
佐瀧本店お店自体は明治19年から開業していて
今お店を営むのは4代目と5代目。
元々は日用品を売る雑貨屋さんだったそう。

しかし、大正12年の火事により店舗が焼火してしまい
その後、堀江組(洋風建築で多くの実績を持つ弘前市の大工さん)により
1年足らずで今の近代洋風建築の建物をたて、
大正13年には店舗を再開したとのこと。
戦後からは食料品に限定してお店を営業してきたそうです。

佐瀧本店

大正ロマンを感じさせる建物の中に入ると
レトロ好きにたまらない!
味のある雰囲気で写真を撮らずにはいられない空間が…。

机も飾られているポスターも戦前からあるものがそのまま。
三戸エリアは空襲を逃れた為に今も残っているそう。

唯一変わったのは畳から床張りに変わったことくらい…
窓も机での作業を想定し高く設置されているとのことでした。

また、堀江組が銀行も建築していた大工さんだったからか、
どこか昔の銀行を感じさせるような店内でした。
佐瀧本店
佐瀧本店
佐瀧本店

本店も含め敷地内の5件の建物が大正時代に作られた西洋造りで、
すべて国の登録文化財に登録されています。
(事前予約で一般の方も見学できるそうです。)

今回は時間の都合上、お店の裏にある佐瀧別邸の外観だけ
みさせて頂きました。
和と洋が混ざり今まで私がみたことのないような
建築物でとても興味深かったです。
(時間があれば中も見たかったです!)
佐瀧別邸の外観
佐瀧別邸の外観

ステンドグラスの窓
↑ステンドグラスの窓もとても綺麗。

本店と別邸の間にある土蔵造
↑本店と別邸の間には土蔵造も

佐瀧本店では地元と組んだ地サイダー作りをしようと試み、
小野寺醸造元さんや丸末果樹農園などと協力して作った
「三戸ジョミサイダー」や「ぶどっぷるサイダー」が売られています。
他にも、イカスミサイダーやテキカカシードルというりんごのお酒など
珍しい商品も置いてありました。

ぶどっぷるサイダー

また、三戸の風景を絵にしたポストカードも売られていて、
もちろんのこと、歴史ある佐瀧本店、別邸ともにポストカードの題材に
なっていました。(この日は残念ながらその2枚は売り切れ…)

三戸の風景を絵にしたポストカード

ポストカードと実際の景色
↑私も三戸の街並みポストカードを買って
実際の景色と照らし合わせてみました!

途中建て替えはあったものの
明治、大正、昭和、平成、令和と5つの時代を
またぎ戦争にも地震にも耐え抜いてきた佐瀧本店。
サイダーやお酒を買いつつ、歴史を感じに訪れてみては!?

ミニミニワンチャン
↑ミニミニワンチャンも待っています!

成蹊大学3年 鈴木晴野

求人の詳細を見る

まちの楽校、加藤パン、三戸町の“ほっこり”

まちの楽校、加藤パン、三戸町の“ほっこり”

三戸町の“ほっこり”をご紹介していきます!
まず、三戸町の憩いの場として知られている「まちの楽校」さん
まちの楽校の外観店内に入ると、近所のおじいちゃん達が囲碁をついていました!
その光景を見て、ほっこり。
また、おじいちゃん同士の対局だけではなく、
子供とおじいちゃんで対局を!!
都会に住んでいると、なかなか経験できないこと、
見られない景色だなと思い、“ほっこり”しました。店内には手作りで作られた品がたくさん置いてあり、
空間が温かみにあふれていて、“ほっこり”しました。
まちの楽校の内観お昼ご飯で、プルコギ定食を頂きました!
お米が甘くて、プルコギの甘辛さとの相性は最高でした!
プルコギ定食食後のデザートとして、コーヒーと松皮煎餅を頂きました!
松皮煎餅は、三戸町内にある有名な松の木「関根の松」にあやかって
生み出されたそう。終戦後にできたお菓子で、長い歴史がつまっています。
(確かによく見てみると、松の実の皮に見える、、!!)
甘すぎず、あっという間に無くなってしまいました。。。
コーヒーと松皮煎餅さて、次の三戸町の“ほっこり”は「加藤パン」さん
加藤パン
どんなパンに出会えるのでしょうか、、ワクワク、、おじゃまします~
加藤パン
きゃーーーーーかわいくて美味しそうなパンがたくさん!
加藤パンの商品
卵がこんなにぎっしり詰まっているのに180円!お得すぎます。。
加藤パンのサンドイッチ
パッケージにレトロ感があってかわいすぎるパンたち、、
加藤パンの商品
突然の取材だったのにも関わらず、加藤パンについて
楽しそうにお話してくれた、代表の加藤さん
加藤パン代表の加藤さん
加藤パンでは、生産の6割が学校給食に、
残りの4割を三戸の商店や地元の朝市に出店しているそうです。
加藤さんのオススメパンは?と尋ねると
「ハムチーズとチョコクロワッサン、でもメロンパンもおいしいよ!」
と嬉しそうにオススメしてくださる姿を見て、
自分で一から作っているパンへの愛情と誇りを感じ、“ほっこり”しました。
記念撮影

そしてそして、最後に私が感動したパンをご紹介させてください。
あんこ好きにはたまらない、あんかけパン!
実はあんパンの上にようかんがコーティングされているのです!!!
帰りの新幹線でおいしくいただきました!
驚きと感動でお腹も心もいっぱいになりました。。
あんかけパン

記事の半分くらい食レポになってしまいましたが、、、
みなさんも、三戸町に訪れた際は、三戸町の“ほっこり”を
訪れてみてください♪♪

求人の詳細を見る